おいしくたのしく ごはん日和 in両毛

レトロ感あふれる街・両毛で ぶらりゴハンレポ中心ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ずいぶんお久しぶりの記事となってしまいました。半年近くの間、何も更新できずに…。
もし楽しみにしていらっしゃった方がおりましたら、大変申し訳ありません。カウンタは確実にまわっていたので、閲覧してくださっている方がいるのだろうな…と思います。重ねてお詫び申し上げます。

実は管理人、引っ越しをしてしまいまして…。生活環境も以前とは変わってしまったため、更新がむずかしくなってしまった次第です。
両毛地域のお店にはこれからも行けると思います…が、今までのレポと同じようにご報告できるかどうかは、かなり微妙です。
(ブログには記事としておこしていませんが、紹介したいなーと思って撮っておいた写真はたくさんあるのです。いつか日の目を見れるかも?と後生大事にとっといていますが、ただ写真だけ掲載してもナァ…という感じのジレンマの挟間で保管してあったり)

とは言え、機会があったらぜひご紹介したいと思う気持ちには変わりありませんので!管理人の勝手で大変失礼だとは思いますが、半凍結として残しておきたいと思っています。

当ブログは皆様の暇つぶしにでも、しいては両毛地域を少しでも知りたいと思ってくださる方のお力添えとなれるのであれば、至極幸せであります。

ご閲覧、誠にありがとうございました。
これからも、機会があればぜひ…!




スポンサーサイト

新年あけましておめでとうございます。
昨年スタートをきった当ブログも最初こそ順調に更新していたものの、亀更新から突如パタリと途絶えてしまっていてスミマセン…。今年も相変わらずのマイペースでありつつも、ちょこちょことお店紹介をしていけたら、と思っています。反省する点も多々ありますが、見守っていただければ幸いです。


新年を迎え、祝すべき(?)今年最初の記事は、たい焼きです!実におめでタイ!…例えダジャレであっても祝う気満々です。寒くない寒くない!
というか、寒い日に食べるホカホカのたい焼きって、ごくごく普通にいいと思いませんか?私だけでしょうか…。冬ならではの甘味は数あれど、たい焼きは外せないと思うのです!

おっと、力説さておき、お店を紹介いたしますね。
私的にはたい焼きと言えば足利じゃこのお店!というほど大好きで、歴史あるお店。和洋菓子「三船屋」さんを推薦いたします。



レトロな店構え、たいやきとアイスキャンデーのノボリが目印です。
車でご来店の際には隣の駐車場をご利用ください。お店の前の道はとても細く、信号も間近にあるため、路駐してしまうと大変迷惑になってしまうと思います。(随分前に来た時は、確かお隣に駐車場がまだ無くて、車をとめるのに苦労した記憶が…)

お店に入る前から、いーい匂いが辺りにしているような…!?
早速ガラス戸を引いて入店。目の前で店主さん(だろうと思われる方)が、たい焼きを次々と焼いていく行程が見れます。



ご了承を得て写真をパチリ。
年季の入った器具と手早い動きには目を奪われます。

さて、今回は家族分も含め7個(匹?)を購入することに。
たい焼きは小倉あんと白あんの2種、どちらも1つ90円です。リーズナブル!
箱に入れて下さるので、ちょっとした手土産にも良いのではないでしょうか?箱にはわかりやすい地図が書いてあるので、何かの機会に貰った人もぜひチェックを!

ちなみに三船屋さんはアイスキャンデー(多種あり/各60円)も有名です。冬はたいやき、夏は氷菓で楽しんでみてはいかがでしょうか。(真夏はたい焼きの販売はお休みだったと思います。目安は確か、梅雨入りだったか明けだったか…)
試したことはないですが、かき氷やあんみつも気になる~。
店内には焼き菓子も置いてあります。あんこだけの販売もしていらっしゃるようですよ!(店頭には大中小と3種のパックがありました/100円~)
でもやっぱり、オーソドックスに小倉あんのたい焼きが一番人気…かな?


ホクホク気分で帰宅して、まだほんのり暖かい箱をコタツの上で開けてみます。



じゃーん!10個入り用の箱なので少し余裕がありますが、当のたい焼きさんたちのお腹には目一杯つめこまれているアンコが薄っすら見えるほど…!
いいの!素朴な見た目ですが、手作り感溢れる姿じゃないですか!三船屋さんのたい焼きは、これだからいいの!



90円と侮るなかれ~。ほらほら、みっちり入ってますぞ!このアンコがまた…、ホントにおいしいんだー!



今度はタテに割ってみました(笑)。ばっちり身が入っているのはわかったものの、ムザンな姿をさせてしまってゴメンよたい焼きさん…。
でもおいしくいただきますから!
だってだって、食欲をそそる焼き目!あふれんばかりの…、いや、実際あふれかけているアンコ!たまりませ~ん。

もちろん焼きたては生地がふわっふわ!お腹の部分の生地なんて、とても薄~いです。でも、生地だけだってしっとりモッチリの食べごたえ、懐かしいお味。実にグッドなのです。

一口食べただけで到着したアンコは、あずき本来の味というのでしょうか。風味豊かで、次々頬張りたくなる感じです。これですこれです、これなんです…!三船屋さんのたい焼き、やっぱりサイコー!決して甘すぎないのもポイントです!

すすむ食欲のままに2つ目!白あんにも着手です。
(それにしても以前は白あんは無かった気がしたけれど…。随分久し振りにお店に行ったものだから、記憶が曖昧になってるのかな?)
白あんのたい焼きには小倉あんのたい焼きとの区別のため、黒ごまがふってあります。細かな気遣いですね~。や、すでに割れそうなお腹の隙間から白あんがチラチラ見えてるからってのは言いっこなしで(笑)。
う~ん、もったりとした白あん、とても上品な甘さです。こちらもおいしい!

シッポの部分もちゃんとアンコ入り。
鯛のフォルムからハミ出た生地がカリカリになってるとこも見逃せませんよー!
三船屋さんのはシッポまで厚みがあるタイヤキなので、あまりカリカリしていないのです。カリカリを楽しむ方はやっぱり焼きたてが一番かと!

重量感のあるたい焼きで私のお腹も大満足。今年も一年、食べた分だけおめでたい話を夢見ることにします。よい年でありますように!

ごちそうさまでした!



・店名…三船屋
・住所…栃木県足利市借宿町316
・電話番号…0284-71-2080
・営業時間…8:30~20:00
・定休日…水曜日
・その他紹介…栃ナビ!


先の約一週間ほど、書きかけの記事を下書き保存したつもりだったのですが、うっかり公開設定にしてしまってました。大変お見苦しいもので失礼いたしました。以後気をつけます。

それと、記事タイトルには店名+地域表記だけでなく、ランチかディナーか等も表記させることにしました(カテゴリでも地域設定はしているので)。中にはディナーと称するほどかしこまったお店ではないものが含まれておりますが、夕食として食べたものは便宜上ディナーと称させていただくことをご了承願います。

以上、お詫びとご連絡でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。